FC2ブログ
仮想通貨 Share Media 話題のニュース
仮想通貨、話題の最新ニュース、芸能、スポーツ情報や面白い動画をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やれたかも」秋山で実写化

 お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次(39)がインターネットテレビ局「AbemaTV」で連続ドラマ「やれたかも委員会~AbemaTVオリジナルドラマ~」(来年1月スタート)に主演することが29日、分かった。

【写真】テレ東のドラマでは1人10役を演じるロバート秋山

 同作は漫画家・吉田貴司氏がデジタルコンテンツ「cakes」などにアップし、今年7月に書籍化された漫画「やれたかも委員会」を実写化。単独では連ドラ初主演となる秋山は、依頼者が抱えてる「あの時、あの子とやれたかも」という男性ならではの悶々(もんもん)とした思いを、やれたかどうかで判定する「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明役。自身は「やれたかもにすら遭遇できず、絶対無理なパターンが多かった」と振り返るが、「男が一番気になる夢のようなラインで、考えたことがある絶妙な話。変な集団を仕切っているヤツだからやりたいと思った」と説明した。

 2015年4月、電子書籍販売「honto」のフリーペーパーで、秋山がさまざまな業界で活躍している架空の人物になりすましインタビューを受ける「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」を開始。トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIや、子役の上杉みちなど老若男女問わず変化し、今年、展覧会が日本各地で開催されるほどの人気となった。

 今回演じる能島は特徴的なヒゲと口のない独特な顔立ちをしている。秋山はクリエイターの表情となり、「どこが鼻、口か分からない顔。町にいたり、その辺にいたりするのは好きだけど架空の人物は…」と苦悩をにじませたが、「いつものクリエイターをやろうっていうのとは違う。違う引き出しを出さなくちゃいけない」。“秋山二十面相”にまた新たな顔が加わりそうだ。

 ◆やれたかも委員会

 犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子の3人で構成される組織。依頼者たちから「あの時、もしかしたら、あの子とやれたかもしれない…」というエピソードを集め、「やれた」「やれたとは言えない」と判定する。



引用:「やれたかも」秋山で実写化




中高年だけの秘密 談合組織で全員の自動収入が勝手に増加?
人工知能AI現金無限増殖システムを活用する政府公認の社団法人が遂に発足!
稼げるか 稼げないか、そんな議論は、一切不要です。
40歳から80歳の方『のみ』が稼げる中高年限定の稼ぎ方が
完全無料で公開されます。
この方法で129名の中高年が次々と年収1800万円を突破中です!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。