FC2ブログ
仮想通貨 Share Media 話題のニュース
仮想通貨、話題の最新ニュース、芸能、スポーツ情報や面白い動画をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米ディズニー、21世紀フォックス買収交渉が大詰めか 買収規模は6兆円オーバー

 [映画.com ニュース] 米メディア大手ウォルト・ディズニー社が、競合企業21世紀フォックスの事業買収に関する交渉を再開させていると、米バラエティが報じた。

 買収が検討されているのは、21世紀フォックスの傘下で、映画製作を手がける20世紀フォックス、テレビ製作を手がける20世紀フォックステレビジョン、およびフォックス21テレビジョンスタジオ、FXやナショナルジオグラフィックといったケーブル放送事業、アメリカ国外の放送事業など。

 11月初旬に報じられた両社の交渉は、いったん暗礁に乗り上げた。しかし、11月末の感謝祭の連休に両社の重役たちが交渉を再開。買収規模は600億ドル(約6兆7000億円)以上で、来週にも決定する可能性があるという。

 ディズニーがフォックスを買収した場合、気になるのはその豊富な資産の扱い方だ。映画スタジオの20世紀フォックスに関しては、ウォルト・ディズニー社傘下のルーカスフィルム、ピクサー、マーベルと同様のレーベルとして存続する公算が高い。また、マーベル・コミックスの「X-MEN」シリーズの映画化権を保有する20世紀フォックスを取り込むことで、今後のマーベル・スタジオ映画に「X-MEN」のキャラクターが登場できるようになる。

 テレビ制作会社の20世紀フォックスと、ケーブル局やストリーミング向けのテレビ制作会社であるフォックス21テレビジョンスタジオは、「EMPIRE 成功の代償」や「THIS IS US 36歳、これから」などのヒットドラマを手がけており、豊富なライブラリーを誇る。ディズニー傘下のテレビ制作会社ABCスタジオよりも大きな成功を収めているものの、同一企業内に複数のテレビ制作会社を維持するとは考えづらいため、ディズニーの対応に注目だ。

 ちなみに、ウォルト・ディズニー社は、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルムといった大型買収を繰り返しながらも、それぞれの企業風土やリーダーを維持することで、ヒット作を連発している。



引用:米ディズニー、21世紀フォックス買収交渉が大詰めか 買収規模は6兆円オーバー




中高年だけの秘密 談合組織で全員の自動収入が勝手に増加?
人工知能AI現金無限増殖システムを活用する政府公認の社団法人が遂に発足!
稼げるか 稼げないか、そんな議論は、一切不要です。
40歳から80歳の方『のみ』が稼げる中高年限定の稼ぎ方が
完全無料で公開されます。
この方法で129名の中高年が次々と年収1800万円を突破中です!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。