FC2ブログ
仮想通貨 Share Media 話題のニュース
仮想通貨、話題の最新ニュース、芸能、スポーツ情報や面白い動画をお届けします。
大谷の米移籍容認 日ハムが受け取る「譲渡金23億円」の行方
10年間門外不出とされた禁断のプロジェクトが、たった今解禁されました。
なんでも、毎月あなたは何もせずとも、『現金20万円』を受け取れるのだとか。
早速参加して、今月分の『現金20万円』を受け取りませんか?


「メジャーで世界一になるという、入団する前からの夢へ背中を押したい。ポスティングを承諾する結論に至りました」(竹田球団社長)

 10日、日本ハムが大谷翔平(23)のポスティングによるメジャー挑戦を容認することを発表した。同日、竹田球団社長、栗山監督らが大谷と都内で会談し、正式決定した。

 ポスティングシステムは先月末をもって失効し、現在、日米間で協議が行われている。しかし来年10月31日までの1年間は「旧制度」の継続が決定的。日本ハムは最高2000万ドル(23億円)の譲渡金をメジャー球団から得ることになる。

■代役の補強はあるか?

 そうなると、気になるのはこの「23億円」の使い道だ。「税金で半分くらい持っていかれる」(関係者)というから、10億円超は球団に入る計算になる。何よりチームにとって、投打の二刀流で活躍した大谷流出による戦力ダウンは必至。その穴埋めとして、メジャーから大物助っ人を獲得するなど、補強に期待するファンもいるだろう。

「しかし、球団の実入りはほとんどないでしょう」

 とは、さる日本ハムOB。

「かつて11年オフにダルビッシュがポスティングでレンジャーズに移籍した際に日ハムが得た譲渡金は当時のレートで約40億円でしたが、基本的にほぼ、親会社に吸い上げられたそうです。親会社は球団に対し、広告宣伝費として毎年20億円以上といわれる運営資金を捻出している。札幌ドームの年間使用料が10億円を超えるなど、球団は慢性的な赤字を抱えざるを得ない。親会社にしてみれば、その補填をしているのだからという理屈でしょう」

 ダルの時に日本ハムは旭川市(北海道)に2億円、札幌市とキャンプ地の名護(沖縄)に1億円を寄付した程度だったが、今回も似たような形に落ち着くに違いない。



引用:大谷の米移籍容認 日ハムが受け取る「譲渡金23億円」の行方




中高年だけの秘密 談合組織で全員の自動収入が勝手に増加?
人工知能AI現金無限増殖システムを活用する政府公認の社団法人が遂に発足!
稼げるか 稼げないか、そんな議論は、一切不要です。
40歳から80歳の方『のみ』が稼げる中高年限定の稼ぎ方が
完全無料で公開されます。
この方法で129名の中高年が次々と年収1800万円を突破中です!


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーサイト